2022年10月電気代公開

もみじ
もみじ

こんにちは、もみじです。

我が家は、ミサワホームの規格住宅であるスマートスタイルで2021年8月に家を建てました。

電気代がいくらかかっているのかきちんと把握していなかったので、把握するためにブログ記事として残すことにしました。

これからは、毎月記事として残していく予定です。

スポンサーリンク

電力会社は?

九州電力です。

料金プランは?

『電化でナイト・セレクト22』というオール電化向けのプランです。

夜間や休日が安い料金設定となっています。

電化でナイト・セレクトは、夜間時間帯を3パターンから選べます。

  1. 21時~翌7時
  2. 22時~翌8時
  3. 23時~翌9時
電化でナイト・セレクト オール電化向けプラン
出典:九州電力

我が家では、22時~翌8時が安くなるプランにしました。

料金単価

区分単位料金単価(円)
基本料金契約電力が10kW以下の場合1契約1,650.00
契約電力が10kWをこえる場合15kWまで1契約4,400.00
15kW超過分1kW550.00
電力量料金平日昼間夏冬1kWh26.84
春秋1kWh23.95
休日昼間夏冬1kWh21.22
春秋1kWh17.82
夜間1kWh13.21

出典:九州電力

(注)料金単価には消費税等相当額を含みます。
(注)使用量が0kWhの場合の基本料金は、半額となります。

我が家のスペック

  • ハウスメーカー:ミサワホーム
  • 商品名    :スマートスタイルB(規格住宅)
  • 採用プラン  :36-2W-1-B
  • 間取り    :4LDK
  • 階数     :2階建
  • 建築面積   :62.93㎡
  • 延べ面積   :124.93㎡
  • 外皮平均熱貫流率(UA値):0.56W/(㎡K)
  • 太陽光    :3.958kW

 

  • 夫婦2人暮らし
  • 共働き
  • 2人とも日・祝日休みが多い(平日休みもあり)
  • 九州地方(6地域)
もみじ
もみじ

夜間に食洗機や洗濯乾燥機、エコキュートの湯沸かしをしてます!

もみ男
もみ男

夜間13円、平日昼間は24円or27円・・・。

2022年10月の電気代

9,396  (うち消費税等相当額 854 円)

総使用量 307kWh

使用期間は、9月15日~10月17日(33日間)

内訳は・・・

基本料金1,650円00銭電力使用量
電力量料金昼間(夏季/平日)  724円68銭 27 kWh
昼間(夏季/休日)  509円28銭 24 kWh
昼間(秋季/平日)  502円95銭 21 kWh
昼間(秋季/休日)  231円66銭 13 kWh
夜間2,932円62銭222 kWh
燃料費等調整額1,786円74銭
再エネ賦課金1,059円00銭

再エネ賦課金とは?

固定価格買取制度で買い取られる再生可能エネルギー電気の買い取りに要した費用は、電気の使用者から広く集められる再エネ賦課金によってまかなわれます。再生可能エネルギーで発電された電気は、日々使う電気の一部として供給されているため、再エネ賦課金は、毎月の電気料金とあわせていただいています。

経済産業省資源エネルギー庁

再エネ賦課金の特徴

  • 電気を使うすべての人が負担する
  • 負担額は電気の使用量に比例
  • 再エネ賦課金の単価は、全国一律の単価になるよう調整

使用量に以下の単価を乗じて算出しています。
2022年5月分から税込 3円45銭/kWh

燃料費等調整単価

+5円82銭/kWh (離島ユニバーサルサービス調整単価を含む)

燃料費調整制度とは?

火力燃料費(原油・液化天然ガス・石炭)の変動をできるかぎり迅速に電気料金に反映させるため、3か月間の平均燃料価格が27,400円/キロリットル(2019年4月電気料金見直しの前提となっている原油換算燃料価格です。)から変動した場合、その変動分に応じて電気料金を調整する制度です。

九州電力

託送料金相当額

電気料金に含まれる託送料金相当額は、

2,821円33銭 (うち賠償負担金相当額及び廃炉円滑化負担金相当額49円12銭)

託送料金相当額とは?

託送料金とは、電気を送る際に小売電気事業者が利用する送配電網の利用料金として一般送配電事業者が設定するものであり、経済産業大臣の認可が必要です。新規参入する小売電気事業者だけではなく、既存の大手電力会社の小売部門が送配電網を利用する際にも、各社が販売した電気の量に応じて託送料金を負担します。

なお、託送料金には送配電部門における人件費、設備修繕費、減価償却費、固定資産税のほか、電源開発促進税、賠償負担金、廃炉円滑化負担金等が含まれます。

経済産業省資源エネルギー庁
出典:経済産業省資源エネルギー庁
もみじ
もみじ

要するに、電力会社が必ず支払う『電気を送るための送配電ネットワークの利用料金』のこと。

託送料金相当額の計算方法

電気使用量×低圧託送料金平均単価(税込9円19銭)

もみじ
もみじ

今月の我が家の場合だと・・・

307 kWh × 9円19銭 = 2,821円33銭

10月の売電価格

6,194円

電力量は 326 kWh

日照時間が1時間以下の日が10日ほどありました。

日照時間は、月合計で180時間程でした。

売電ー買電

6,194 円 ー 9,396 円 = -3,202 円

電力量としては、

太陽光で326 kWh 発電し、使用量は307kWh でした。

もみじ
もみじ

太陽光もう少し載せてもよかったかな?

昨年との電気代比較


2022(9/15~10/17)(33日間)2021(9/16~10/17)(32日間)
基本料金1,650円00銭電力使用量1,650円00銭電力使用量
電力量料金昼間(夏季/平日)  724円68銭 27 kWh    778円36銭   29 kWh
昼間(夏季/休日)  509円28銭 24 kWh    403円18銭   19 kWh
昼間(秋季/平日)  502円95銭 21 kWh    718円50銭   30 kWh
昼間(秋季/休日)  231円66銭 13 kWh    302円62銭   17 kWh
夜間2,932円62銭222 kWh 2,932円62銭 222 kWh
燃料費等調整額1,786円74銭
  -180円69銭
再エネ賦課金1,059円00銭
 1,065円00銭
合計9,396円307 kWh 7,669円 317 kWh

2021年より2022年の方が電力使用量は 10 kWh程少ないのに、電気代は2022年の方が高くなっています

その理由は、燃料費調整単価が上がっているからです。

燃料費等調整単価は

2022年10月は、 5円82銭
2021年10月は、-0円57選

燃料費調整単価の推移を見てみると・・・

もみじ
もみじ

これが株のグラフだったらよかったな。

これから毎月、オール電化2人暮らしの電気代を公開していきます。興味がある方は、ご覧下さい!

ブログ村登録してます。ポチッとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ミサワホームSMART STYLEB /もみじ 家×節約 - にほんブログ村

ぷち節約術

スポンサーリンク
スポンサーリンク
光熱費節約
Follow Me !!
ミサワの規格住宅で建てる家×節約

コメント

タイトルとURLをコピーしました